UE4 アクターBPをプロシージャルに配置

今回はアクターBPをプロシージャルに配置する方法を紹介します。

別の記事で紹介されていると思いますが以下手順で配置が可能です。
アクターBPを作成>コンストラクションスクリプトを開き「child actor componentを追加」を実行
これでChildActorClassにプロシージャルに配置したいActorBPを指定すればOKです。
今回はx100y100z100のサイズキューブを内包したActorBPを使っているためこのようにループさせます。

5dd4d1a3fe1db1dc770ad3282a48c709

これで配置すればOKです。
ここで気をつけたいところは2重ループを実行するとすごく重たくなります。
なので、なるべくループは1回のみにしておいたほうが無難です。

この辺り何で重たくなるのかはちょっと調べる時間が無かったのでわかりませんが、少なくともスタティックメッシュやInstance化されたメッシュならそんなに重たくなかったので、ActorBPだとちょっと扱いが違うのではないかと思われます。
誰か詳しい人がいたら教えて欲しいで所です!

↓レベルエディタに配置するときの図
41fbae89874c85063373bbca5ccd6a26

こんな具合に1つずつ手作業で配置しなくてもらくらく配置できます!